MENU ACCESS TEL

 

膝が痛いと方の多くが病院で変形性膝関節症であると

言われたと仰られます。膝痛2

 

変形性膝関節症とは

膝関節の軟骨が長年の生活習慣・姿勢や疲労など

何らかの原因によってすり減ったり、

欠けて膝関節の形が変わる事を変形性膝関節症と言います。

 

最初の頃は痛みがないため自覚症状はほとんどありませんので

治療を行わずの方がほとんどです。

 

やがて、立ち上がりの動作や歩く動き、階段の昇り降り、

膝の曲げ伸ばしで痛みが出現してきます。

このころには膝に炎症が起こっているため

膝に熱を持っていたり膝が腫れたりむくんだりします。

よく耳にする「膝に水が溜まる」という症状もこの頃から出てきます。

 

また、人によっては膝関節を曲げ伸ばしすると

コキコキ・ゴリゴリ・ガリガリなどの擬音が聞こえるようになります。

 

さらに症状が進むと、骨自体が変形し骨棘(コツキョク)と呼ばれる

トゲがチクチクと激痛を発生させたり、

軟骨がすり減るために骨同士がガンガンぶつかるため

強い痛みを発生させます。

 

変形も進んでくるため見た目も姿勢が悪くなったり、

がに股になってきます。

膝の曲げ伸ばしもしっかりと出来ず、

生活においても不都合を感じる事が多くなります。

 

ここまで進行してしますと外に出るのまでおっくうになるレベルです。

もし、整形外科でレントゲンを撮ったところ

「変形性膝関節症」と診断された場合、ストレッチ

お早めにウィル鍼灸整骨院にご相談ください。

 

症状が進んでしまうと痛みが無くなるまでに長い時間が掛ります。

ウィル鍼灸整骨院では患者様のお身体の状態を見せて頂いて

症状が進行しない為のストレッチ・予防体操などの

アドバイスを行っております!

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円